高田馬場エリア

高田馬場の歴史と今

「高田馬場」という名称は、現在の西早稲田3丁目にあった『馬場』の名前から来ています。この地域一体が「高田」と呼ばれており、ここに馬術の稽古にはげむ武士たちが住んでいました。「高田馬場駅」はこの後に付けられた駅名です。今でも毎年10月に戸山公園で流鏑馬(やぶさめ)が開催されています。現在は早稲田大学を始め、専門学校なども多く、学生の街として有名になりました。

高田馬場(たかだのばば)駅は1910年(明治43年)開業の駅で、JR東日本の山手線、西武鉄道、東京地下鉄(東京メトロ)が乗り入れています。また、関東バスや東京都交通局のバスも乗り入れ、大きなバスターミナルがあります。

駅ナカで便利!大型商業施設「BIG BOX」

高田馬場駅の駅前に、大型商業施設「BIG BOX(ビッグボックス)」があります。2013年の改装で、駅ナカ商業施設として生まれ変わりました。1階、2階部分が女性向けの雑貨やファッション、ベーカリー&カフェ等の店が揃います。2階には100円ショップのキャンドゥーや、ネイルサロンも入っています。
3階から5階は「西部フィットネス」があり、その他スポーツマッサージ療院、ゴルフスクールも入っています。さらに、ゲームセンター、ボウリング、カラオケ、居酒屋まで揃っているから、ここで一晩中遊んでも飽きないほどのパラエティに富んだ商業施設と呼べるでしょう。

高田馬場で訪れたい店3選!

まず紹介したいのが、行列の出来るとんかつ店。高田馬場駅から徒歩10分程の所にある、「成蔵(なりくら)」。ここのヒレカツは絶品!最高にジューシーな肉にサクサクのこだわりの衣、あまりの美味しさに、ごはんもどんどん進みます。キャベツもしっかりと味がしているところにも満足。残念ながら席の予約は出来ませんが、並ぶ価値のある店です。
珍しいジビエを食べたかったら、高田馬場駅から1分のところにある 「米とサーカス」!普段はなかなか食べる機会のないジビエ。鹿、羊、ダチョウ、熊や猪の他、鮫やスッポンまで揃っています。料金がお手軽なのも嬉しいですね。
最後に紹介するのが、これまた珍しい、ミャンマー料理の店。「ノングインレイ」は高田馬場駅からは徒歩わずか1分。マトンのカレーや高菜チャーハンの他、モヒンガーと呼ばれるヌードルスープも絶品です。この他、昆虫メニューもあるので興味のある人には面白いかもしれません。

都会の中で心落ち着く「和」を感じることが出来る場所

高田馬場駅から徒歩20分ほど、早稲田大学の側にある甘泉園公園(かんせんえんこうえん)の中に、とても美しい日本庭園があります。江戸時代、徳川家の土地だったところ。四季ごとに綺麗な植物を楽しむことができます。冬の雪吊りも有名で、みどりの新宿20選、日本の歴史公園100選にも選ばれています。

高田馬場の賃貸マンション/賃貸アパートの口コミを探す

高田馬場エリア TOPへ

Copyright © 住みログ All Rights Reserved.