下北沢エリア

文化人も愛した街 下北沢

下北沢駅周辺は、昔は農業地域でした。1927年(昭和2年)に駅が開通してから劇的に変化しました。商店街が活性化し、人口も増えました。また、文化人や作家にも人気のエリアで昔から劇場が多く、今も小さな劇場が数々多く残っています。下北沢は若者のファッションの街としても人気で、近くにいくつかの学校があるために学生も集まります。昔ながらの商店街が建ち並ぶ中、今時の人気のファッション店が並んだりと、新旧入り混じった味のある街です。

下北沢(しもきたざわ)駅は、1927年(昭和2年)に開業した、東京都世田谷区北沢に位置する駅です。京王電鉄「井の頭線」と小田急電鉄「小田原線」が乗り入れています。バスは小田急シティバスが停車します。下北沢という名称は、かつてこのエリアに「下北沢村」という地名は存在したことが由来ですが、現在は地名に残っていません。駅があるのも「北沢」であり、通称「下北沢」と呼ばれるのは駅周辺になっています。

戦前からある商店街

下北沢駅周辺は、商店街の数々で溢れています。駅を囲むように、「下北沢一番街」、「しもきた商店街」、「下北沢南口ピュアロード新栄商店会」、「代沢通り共栄会」、「下北沢東会」、「下北沢南口商店街」があります。特に「下北沢一番街」は歴史が古く、1939年には商店街の商業組合が結成されていました。昔ながらの老舗が今も残る貴重な通りです。下北沢の商店街では、阿波踊りや夏祭り、フリーマーケットや音楽イベントなど、楽しい行事が頻繁に行われていますのも特徴的です。

気楽に立ち寄れるバーとしても使えるお洒落なビストロ

下北沢駅北口より徒歩3分、「Petit Debút(プティ・デビュー)」は地元の人たちに大人気のビストロレストランです。フォアグラのソテーや和牛のステーキなど、食べ応え満天の料理から、ワインに合ったつまみ系など色々と揃っています。食事をした後にフラッとバーに立ち寄るように気楽に訪れることができるのも嬉しいですね。

見事な梅の木がある公園

下北沢駅から徒歩20分、「羽根木(はねぎ)公園」は地元の親子連れに人気の公園です。子供用の遊び場が充実しており、迷路、遊具から、軟式野球場まです。更衣室も完備され、公園内の売店では遊具も売られているため、その日の気分次第で買って遊ぶのも楽しいでしょう。敷地は広く、緑も多いエリア。特に梅が有名で、梅祭りの時期には見物客で賑わいを見せます。

下北沢の賃貸マンション/賃貸アパートの口コミを探す

下北沢エリア TOPへ

Copyright © 住みログ All Rights Reserved.