渋谷エリア

若者の街へと変わって行った 渋谷

渋谷は江戸時代前から武士達の住む街で、江戸時代に入ると、今の道玄坂の辺りは宿場町として栄えていました。1885年に駅ができます。1934年には東横百貨店(現在の東急百貨店東横店東館)がオープン。その後も東急グループ系の商業施設が増えていき、街にはさらに人が集まるようになりました。さらに1968年に西武百貨店がオープンしてから、それまでの新宿に変わり、「渋谷=若者の街」というイメージが定着しました。今も若者が一番集まるエリアで、デパートから飲食店までそれぞれが賑わいを見せています。

渋谷駅(しぶやえき)は、1885年に開業された、東京都渋谷区に位置する駅。乗り入れ路線は、JR東日本が山手線・埼京線・湘南新宿ライン・
、京王電鉄は井の頭線、東京急行電鉄は東横線・田園都市線、東京地下鉄(東京メトロ)が半蔵門線、銀座線、副都心線が乗り入れています。バスは都営バス、東急バス、渋谷区コミュニティバス「ハチ公バス」の停車駅です。1日の平均乗降人員は約230万人(2011年のデータ)と、新宿駅、池袋駅についで3番目に利用者の多い駅です。

映画館や劇場も充実した街

渋谷駅周辺には数え切れないほどの店が並んでいます。東急百貨店、西武百貨店、ヒカリエ、109、パルコ、丸井、東急ハンズ、タワーレコードなどが特に有名です。そのほかに映画館や、Bunkamura オーチャードホール、東急シアターオーブ、PARCO劇場などの劇場も数多くあり、平日、休日、日夜を問わず人が溢れた街です。

老舗の料亭の味を気軽に楽しめるレストラン

「金田中草(カネタナカ ソウ)」は、新橋にある老舗料亭「金田中」の味をそのまま受け継ぎながら、新しいスタイルで日本料理を提供している店。洗練された美しいインテリアの店内で、ほんの少しカジュアル風にアレンジされた伝統料理を味わうことができます。店内には2名~12名までの個室も3つあるため、大切な行事で利用するにも最高の場所です。

渋谷の隠れ家的存在の公園

渋谷駅、ハチ公口から15分程歩いたところに、鍋島松涛公園(なべしましょうとうこうえん)があります。もともとは鍋島家の屋敷だったところで、茶園として使われていた場所。公園内には鯉も泳ぐ池があり、その横には風情ある水車小屋があります。緑も多く、都会の喧騒を忘れてしまう程の場所です。

渋谷の賃貸マンション/賃貸アパートの口コミを探す

渋谷エリア TOPへ

Copyright © 住みログ All Rights Reserved.