荻窪エリア

上流社会に人気の街 荻窪

荻窪は、明治24年に荻窪駅が開業してから人口も増え、住宅街として栄えていきました。大正時代から昭和初期にかけては、「西の鎌倉、東の荻窪」と言われるほど、上流社会に人気の土地となっていきました。有名文化人や芸術家もその後多数移住して来ており、都心へのアクセスがとても良い割りに、閑静な住宅街が広がる街です。

荻窪(おぎくぼ)駅)は、1891年(明治24年)に開業した東京都杉並区に位置する駅です。JR東日本の中央・総武線(各駅停車)、中央線(快速)と東京地下鉄(東京メトロ)の丸ノ内線が乗り入れています。バスは関東バスと西武バスが停車します。

大型商業施設と昔ながらの商店街

駅を出てすぐの所にある大型ショッピングセンターが、「ルミネ荻窪店」と「荻窪タウンセブン」です。どちらもファッションブランドから雑貨、飲食店まで揃っています。また、荻窪駅周辺には複数の商店街があり、昔ながらの店も多数残っていて風情があります。

東京で一番古いラーメン屋へ

荻窪と言えば、「荻窪ラーメン」です。荻窪駅から徒歩10分程の所にある「春木家(はるきや)本店」は、東京ラーメンの店として一番古い店で、創業はなんと昭和6年。丁寧に作られた出汁の効いたスープと頂くラーメンが美味しいことは言うまでもありません。この店の面白いところは、ラーメン以外にも、蕎麦やカレーライス、丼物もあるところ。本場で老舗の味を味わってみたいですね。

屋敷跡の美しい日本庭園

荻窪駅から徒歩10分、「大田黒公園(おおたぐろこうえん)」は「大田黒元雄」の屋敷跡だった場所。自宅の30%を区に譲渡して公園にしてほしい、という故人の遺志を継いだもの。園内は非常に美しい回遊式日本庭園となっていて、茶室ではお茶会に使うこともできます。園路の左右に伸びるのは樹形100年を超えた立派なイチョウです。ここは秋になると紅葉のライトアップも行われ、幻想的な雰囲気を味わうことができます。

荻窪の賃貸マンション/賃貸アパートの口コミを探す

荻窪エリア TOPへ

Copyright © 住みログ All Rights Reserved.