中目黒エリア

老若男女問わず愛される街 中目黒

中目黒の辺りは「目黒川」と「蛇崩川I(じゃくずれがわ)」の合流点で、その水の恵みを生かし、弥生時代には水田が作られていたエリア。当時から高台には多くの人々が住んでいました。江戸時代には門前町、農村地として栄えました。現在では大使館や高級住宅街などが建ち並ぶエリアです。その半面、「中目黒」には昔ながらの商店街も未だに残っています。「目黒銀座商店街」は昭和28年に始まった、目黒区では一番古い商店街。地元の人たちに昔から愛されている酒屋や乾物屋も残っています。お洒落な今時の店から、昔ながらの店まで入り混じった中目黒。老若男女を問わず愛されています。また、毎年8月の第1土~日曜日に開催される「中目黒夏まつり」には、2万人を超える観光客で賑わいを見せます。

中目黒駅(なかめぐろえき)は、1927年(昭和2年)8月に開業した、東京都目黒区に位置する駅です。東京急行電鉄(東急)は東横線が、東京地下鉄(東京メトロ)は日比谷線が乗り入れています。バスは「東急バス」の停車駅です。

目黒区で一番古い商店街

中目黒と言えば、目黒区内で一番古い「目黒銀座商店街」。古い店から新しい店まで、その顔はさまざま。乾物屋があるかと思えば、お洒落なパン屋さんが見えてきたり、歩くだけでも楽しめるエリア。この辺りにパン屋は集中しており、他にもチーズケーキの店、プリン専門店、わらび餅の美味しい店などが並びます。雑貨屋等も入り混じり、散歩にも楽しい通りです。
また、「中目黒駅」から徒歩1分のところにある「中目黒アトラスタワー」は、店舗、飲食店、医療施設、住居が入った複合施設です。「ナカメアルカス」の名称で呼ばれています。地下2階、地上45階の建物で、タワー1階から5階までがショッピング街、レストラン街となっています。桜の季節には目黒川沿いの見事な桜を見物することも出来る人気スポットです。

中目黒でぜひ行ってみたい店2選!

中目黒駅から徒歩5分の「夕月(ゆうづき)」は、店主こだわりの美味しい和食が味わえる店。新鮮な魚介類は毎朝店主が築地から仕入れているものです。「自分が食べて美味しかったものしか使わない」というこだわりも素晴らしいですね。日本酒の種類も豊富です。隠れ家のようにひっそりとたたずむ店舗で、ゆったりと大人な時間を過ごしてみたいものです。
次に紹介したいのが、ちゃんこ鍋の店「ドスコイ酒場 ちゃんこ芝松(しばまつ)」。中目黒の駅から徒歩8分ほどのところにあります。昭和32年創業の老舗のちゃんこ鍋の店の中目黒店。長時間ゆっくりとかけて作られた出汁にはうまみが凝縮されています。店内には相撲界からの貴重な品もディスプレイされていて雰囲気も楽しめる店です。

桜の時期には特にオススメ!目黒川

中目黒駅から徒歩12分、目黒川沿い「中目黒公園」があります。敷地も広く、池やウォーキングコース、スポーツが出来る広場もあります。足ツボを刺激しながら歩くことが出来る「足ツボ舗道」という面白い通路もあります。目黒川沿いの桜を見るのにも絶好スポットです。
桜の季節に有名な「目黒川」。毎年昼夜問わず多くの見物客が訪れる人気桜スポットです。特に夜は上手に使われた照明と、川に反射された夜桜が神秘的な空気を作り出します。目黒川に沿って、約4キロの散歩コースは桜の季節はもちろんですが、それ以外の時でも季節ごとの味を楽しむことができます。中目黒を中心に、目黒駅周辺から大橋まで繋がっています。昼と夜、朝と夕方の雰囲気を楽しむのも良いでしょう。

中目黒の賃貸マンション/賃貸アパートの口コミを探す

中目黒エリア TOPへ

Copyright © 住みログ All Rights Reserved.