川口エリア

江戸時代には重要な宿街だった 川口

川口市は、このエリアを流れる荒川等の河川を利用した農業が昔から発達していました。また、江戸時代には「光御成街道」の宿場町、「川口宿」として栄えた。この時代に、今でも川口の伝統産業となっています「織物業」や「鋳物業」が始まりました。「鋳物工業」は明治時代に入るとさらに重要な産業となりました。明治時代に開業された駅を理由に、さらに人々が集まるようになり、産業も盛んになりました。現在も鋳物や織物の生産は活発に行われており、東京のベットタウンとしても人気の街です。

川口駅は、1910年(明治43年)に開業した、埼玉県川口市に位置する駅です。JR東日本、京浜東北線が乗り入れています。
バスは国際興業、岩手県交通、京浜急行バス、東武バスセントラル、川口市コミュニティバス、みんななかまバスが停車します。

川の流れるデパート

川口駅を出て目の前に、「そごう川口店」があります。地下1階から地上11階までの大型デパートです。地下は食品街、その上はファッションブランド、雑貨、書籍と続き、10階には「川の流れる名店食堂街」と呼ばれ、実際に川が流れていますから面白いです。屋上には庭園もあり、ショッピングに疲れたらゆったと休むこともできます。

高級な店内で鰻を満喫&昭和の気分を味わえるもつ焼店

川口駅東口、徒歩5分のところに老舗のうなぎ屋、「十和田(とわだ)」があります。店内はとても高級な雰囲気に包まれています。会社の接待にも使える店です。ふっくら上手に調理されたうなぎに、創業時から継ぎ足されている秘伝のたれをかけて頂く。昔からしっかり守られている老舗の味は格別です。店内には大部屋や個室もあるので、さまざまな用途にも対応してもらえます。
同じく川口駅東口徒歩4分、美味しいもつ焼きと酒が楽しめる店があります。「もつ焼 銀」です。店内は昭和の雰囲気そのまま。貸切もできます。鮮度にこだわっていますから、素材は新鮮そのものです。酒の種類も多く、焼酎、日本酒もバラエティ豊かに揃っています。

子供も大人も楽しめる公園

川口駅西口から徒歩4分にある大型公園、「リリアパーク(川口西公園)」は、子供も大人も楽しめる公園です。地元の産業の「鋳物」を上手に活用した公園で、たくさんの彫刻物も飾られています。イベントも多く開催されており、家族連れにも大人気の公園です。また、桜の木もたくさん植えられていることから、桜の名所としても地元では有名な公園です。

川口の賃貸マンション/賃貸アパートの口コミを探す

川口エリア TOPへ

Copyright © 住みログ All Rights Reserved.