自由が丘エリア

学園名から名づけられた街 自由が丘

自由が丘のエリアは、もともとは江戸近郊農村でした。1927年に「九品仏前駅(現・自由が丘駅)」が開通してから、手塚岸衛が、「自由教育を提唱する」学園を創立しました。「自由が丘」の名称はここから来ていると言われています。当時はこの地域で馬の飼料となる麩(ふすま)が作られていたこともあり、「九品仏前駅」の駅名変更を、「麩(ふすま)駅」とされる予定でしたが、当時の住民であった舞踏家の石井漠などの文化人が強く反対、1929年、「自由が丘駅」の名称となりました。
1932年(昭和7年)には正式に「東京氏目黒区自由ヶ丘」という地名が生まれました。ちなみに、「ヶ」が「が」の表示に切り替わったのは昭和40年に入ってからです。
鉄道開通前は農村、竹やぶのエリアでしたが、駅開通後は一気に人口も増え、高級住宅街を誇る街へと進化しました。特に文化人が住むエリアです。また、日本で最初に「モンブラン」を提供した洋菓子店が自由ヶ丘の駅からすぐの所にあり、今でも発祥の店として人気です。

自由が丘駅(じゆうがおかえき)は、1927年に開業した東京都目黒区自由が丘に位置する駅です。東京急行電鉄の大井町線と東横線が乗り入れています。バス路線は東急バスが停車します。自由が丘駅は、1927年(昭和2年)の開業時は、近くに「九品仏浄真寺(くほんぶつじょうしんじ)」があったことより、「九品仏前(くほんぶつまえ)駅」という名称でしたが、東京急行電鉄大井町線の駅が九品仏浄真寺に近い場所に開業されたため、その駅を「九品仏駅」と呼び、九品仏前駅は1929年(昭和4年)に「自由ヶ丘駅」の名称に変更され、1966年(昭和41年)、現在の表記「自由が丘駅」となりました。

自由が丘で外したくないスポット3選!

「トレインチ自由が丘」は「自由が丘」駅から徒歩2分のところにある商業施設です。お洒落なオープンカフェやベーカリー、輸入雑貨や書店など13店舗が集まっています。
自由が丘駅の改札内・外にあるのが、駅直結型の「エトモ自由が丘」。11店舗が入ったショッピングモールで、お洒落なカフェや雑貨屋が並びます。
そして、スイーツ好きにはたまらないスポットが、自由が丘から徒歩5分にある「自由が丘スイーツフォレスト」です。その名の通り、スイーツの森です。スーパーパティシエと呼ばれる洋菓子職人が揃ったモールで、出来立ての極上スイーツを食べる・・・なんとも至福な時間が流れます。その場で味わい、さらにテイクアウトしてお土産に。「スイーツフォレスト」の限定メニューもチェックしたいですね。

自由が丘で地元の人たちにも大人気の蕎麦屋とイタリアン

まず紹介したいのが、地元で大人気のイタリアンレストラン、「トラットリア チーボ(TRATTORIA CIBO)」です。「自由が丘駅」から徒歩5分にある店は、アットホームな雰囲気の店内で、素材にこだわった本格的なイタリアンを楽しむことができます。
新鮮な素材は毎朝シェフが仕入れてきます。屋シアはオーガニックなのもありがたいですね。100種類もあるワインも飲み応え十分です。
仲間とワイワイやるのもよし、大切な人としっとりと時間を過ごすのも良し、そして家族でも使える便利な店です。
次に紹介したいのが、大人な女性にも人気の蕎麦屋、「山久(さんきゅう)」です。自由が丘駅から徒歩3分。シックな和風の外装の店、店内に入ると女性受けする民芸品が数多く販売されていて、人目を引いています。蕎麦にももちろんこだわりがあり、閉店前に蕎麦がなくなることもしばしば。使われている器も美しく、色々な面から楽しめる珍しい蕎麦屋です。

地元の守り神と癒しの公園

「自由が丘公園」は自由が丘駅から徒歩5分。学園通りにあります。子供向けの公園としても人気の場所です。キャッチボールなどが出来るちょっとしたスペースがあるのも嬉しいですね。ショッピングのエリアにあるため、歩きつかれた足を休めたり、買ってきたランチやスイーツをこの公園で食べるのも良い気分転換になるでしょう。
自由が丘駅から徒歩6分の癒しスポットが「奥沢神社」です。パワースポットとしても有名であるこの神社は、室町時代に建てられた歴史ある建造物です。深い緑に囲まれ、都会の喧騒を忘れさせてくれます。ここには江戸時代からつづく伝統行事、「大蛇練り」と呼ばれるものがあり、境内には藁で作られた大蛇が飾られています。また、毎年9月には全長10メートルにもなるこの大蛇が作られ、住民が厄除開願を願って町内を練り歩く面白い祭りがあります。地元の守り神として親しまれています。

自由が丘の賃貸マンション/賃貸アパートの口コミを探す

自由が丘エリア TOPへ

Copyright © 住みログ All Rights Reserved.